デリケートゾーンの悩みを解消|石鹸や食事を変えよう

女の人

体内に元からいる菌

女性

人間の体内には数多くの菌が存在します。主に体を守るために必要な菌がいるのですが、中にはそうではない菌もいます。よく知られているのがカンジタ菌です。女性は膣の中にカンジタ菌を保有していて、免疫が落ちた時などに体に影響を及ぼします。デリケートゾーンに症状がよく現れるので性病と勘違いする人もいますが、実際は違うのです。女性がカンジタを発症すると、かゆみが出たり、おりものの量がいつもより多くなったり、腫れたりします。カンジタは湿度が高いと多く繁殖するので、夏場や生理中などに発症します。また、カンジタは性器だけではなく、口に現れる場合もあります。実はカンジタ菌は膣の中だけではなく口にも存在するのです。主な症状は、口の中に白色の苔が現れたり、味覚障害が起こったりと様々です。病気の種類によっては痛みがない場合もあるので、カンジタを発症していると気付かないことがほとんどです。口のなかのカンジタ菌は、体が健康な場合は出てきません。膣のカンジタと同じように免疫力が低下した時に現れます。しかし、放っておくと口腔内の別の病気を併発する可能性もあるので、カンジタを疑ったら迷わず医療機関で治療を受けましょう。口のカンジタを治療する場合は歯科医院にかかると良いはずです。デリケートゾーンや口のカンジタを発症させないために、常に清潔に保ちましょう。下着を定期的に取り替えたり、歯磨きをしっかり行うなど自分で対策をしていくべきです。ストレスを溜めない生活をすることも予防に繋がるので、仕事の合間などにリフレッシュをしましょう。